【調教記録】竹の棒で叩かれ、お尻に真っ赤な跡が【SM体験談】

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

前回の記事はこちら

まず、四つん這いにさせられました。

お尻の下(付け根あたり)に竹の棒で打ち込まれます。

ご主人様に、「野球部のケツバットは10回連続」と言われていて、

架空の「野球部」に負けたくありません。

しかし、10発耐えるつもりが、1発で崩れ落ちます。

お腹に打たれるより、だいぶ痛くてびっくりしてしまったのです。

(後で聞いたところ、お尻付近は、お腹より安全だから強く叩いているそうです)

ご主人様「3発耐えろ」

3発なら痛みを感じる前に終わるかなと思い、もう一度四つん這いでお尻をご主人様に突き出しました。

しかし、2発目のあと、耐えられず崩れてしまいました。

竹の重くて鈍い痛みは長く残る為、連続で叩かれたときの痛みの増幅が大きいのです。

でも、ご主人様のためならどんな痛みも耐えられるはずの自分が、

たった2発で崩れてしまうなんて、悔しくてたまりません。

しかし、これ以上耐えられる気がしませんでした。

なので、姿勢が悪いということにして、野球部みたいに(?)立って叩かれることにしました。

四つん這いより、立った方が骨が肉に隠れると思ったからです。

結果は、再び2発で崩れてしまいました。

自ら提案してまで崩れ落ちてしまった私に、人権はなくなりました。

構える暇もなく容赦なく、お尻や背中を叩かれました。

ベッドをゴロゴロ転がり逃げまどいながら、「許してください、許してください」と繰り返しました。

ときどき、足を掴まれてすねをポンっと叩かれますが、それがめちゃくちゃ痛いんです。

あまりにも反応がいいので、ご主人様も楽しくなって繰り返します(笑)

楽しそうなご主人様を見ると、痛いのにこっちまで楽しくなってしまいます。

その後も、おでこをつつかれたり、胸を叩かれたり、酷いことをされながらも、

ご主人様のおもちゃとしていじめられるのはやっぱり幸せで、かなり楽しい遊びでした!

タイトルとURLをコピーしました