【調教記録】頭を踏みつけられ、無理やりイラマチオ【SM体験談】

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

前回の記事はこちら

大きな窓でディルドイラマチオ

大きな窓に向かってディルドフェラチオをさせられていました。

すると、突然頭を思いっきり踏まれ、ディルドが喉奥に滑り込みます。

あまりに痛くてたまらず口を離すと、髪の毛を引っ張られて更に無理やり喉奥に突っ込まれてしまいました。

そのまま両腕を掴まれて、踏まれイラマチオです。

ご主人様は口元が見えていなくて力加減がわからないらしく、

あまりの強さに時々喉奥でディルドが湾曲します。

腕も取られているので、完全に踏まれた強さでディルドが喉に滑り込んできます。

苦しくて、涙も鼻水もヨダレも止まりません。

ディルドの下の床は、透明なネバネバ汁でドロドロになりました。

どんなに涙やヨダレを流しても、ご主人様は踏みつけてきます。

机でディルドイラマチオ

やっと解放された、、、、と思ったら、そばにあった机にディルドが置かれました。

ビデオカメラの目の前で、ディルドを咥えさせられます。

その時も、もちろん頭を踏まれたり、掴まれたりする激しいイラマチオです。

今にも吐きそうで、喉汁も枯れてきて、力尽きてしまいました…

今までのは練習

「そろそろ…」とご主人様がベッドに寝転びました。

今までのイラマチオは、ご主人様にご奉仕するための練習だったのです。

こんなに疲れているのに、またやり直しにならないように頑張ってご奉仕します。

なのに「もっと奥まで」「もっと早く」と命令され、できないと髪の毛を掴まれて無理やり突かれてしまいます。

最後には、両足でがっちり頭を挟まれ、逃げられないようにされ、苦しくて暴れまわりました…

タイトルとURLをコピーしました