【第12回調教記録】vol.1 1ヶ月ぶりの激しい長鞭責め【SM体験談】

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

お友達に挨拶

ご主人様が「友達ににゃんこを自慢したい」というので、紹介されました(笑)

ちょっとよそよそしくも楽しくお話して、ご友人とは30分ほどで解散しました。

最後に「いじめられてるところ見てください」言わされて、死ぬほど恥ずかしかったです。

解散後、大人気で一度も買えたことがなかったイチジクのフルーツ大福を買っておいてくださったことがわかり、神サプライズでした!

あいさつ

この前と同じシティホテルへ入ります。

いつものように自分で脱げって言われて裸になり、屈辱的な奴隷の挨拶をします。

何回やっても、何かを言わされることには弱く、大変な思いをします。

恥ずかしくてご主人様に抱き着いてしまいますが、冷たく引き離されます。

久しぶりの長鞭

手を頭で組まされて立たされます。

ご主人様の大好きな、拘束しない鞭打ち責めです。

長鞭の恐怖と痛みを、自分の足で立って耐えなければなりません。

奴隷の忠誠心の見せどころです。

実は、最近傷が付いたら困るタイミングの調教ばかりで、1発で真っ赤なミミズ腫れができる長鞭なんて1ヶ月ぶりに受けます。

長鞭でお腹をさわさわされ、「ここ叩くぞ」っていう合図をされると、怖くて体全体が震えてしまいます。

   

そして、いよいよ恐怖の瞬間です。

久しぶりにも関わらず、お腹に容赦なく連続で鞭を打たれます。

痛みは恐怖より後に来ます。

耐えられず本能的にお腹をよけると、今度は容赦なく背中に、背中をよけるとお尻に、鞭が飛んできます。

前に崩れ落ちると、冷たい目線で「立ちなさい」
手が少しでも下がると「ひじを上げなさい」

叱られながらもギリギリ踏ん張りました。

遂に倒れこんでしまい、叱られる!って思ったのですが予想は外れました。

上から鞭が降ってきます。

しかも髪の毛を土足のまま踏まれて動けなくされ、何発も飛んできます。

もう、耐えようと思っていたことなんか忘れて、呪文のように許しを請いながら鞭から逃げ回ります。

どんなに体をねじってもよけられずに絶叫します。

必死になってのたうち回っていると、ご主人様は鞭を置いて床に座り、抱きしめてくれました。

たくさん体に走ったミミズ腫れをなぞって、「俺のにゃんこになった」と傷がついたことをすごく喜んでくれました。

このご主人様の笑顔がほんとにたまりません。

拘束電流責め

前回、私が大声を出してしまい諦められてしまった電流責めです。

しかも今度は逃げられないようにしっかり縄で腕を縛られてしまい…

  

vol.2に続きます。

タイトルとURLをコピーしました