【第12.5回調教記録】Vol.1 ご主人様に邪魔されながらお仕事www【カフェ調教】

ご主人様

▼前回の記事はこちら
【第12回調教記録】Vol.6 全身ご奉仕して劇逝きセックス

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

カフェ

なんと次の日、お昼からカフェで会うことに!

私はその日在宅の仕事があったのですが、ご主人様も私の家近くで泊まっていたので、急遽です。

仕事ともエロとも関係ない雑談で、かなりの時間を使ってしまいました(笑)

会ったらSMばかりで、普通のお話することが中々なく、楽しかったです。

仕事も、雑談しながらではありますが、誰かに監視されていると意外と進むものです。

ちょっかい

向かいあって座ったのですが、途中から足をこちらの椅子まで伸ばして、私のお股にちょっかいをかけてきました。

笑って振り払おうとしたのですが、「避けるな」と命令されてしまったので、大人しくしました。

結構端っこの席に座っていたので、ちょっとぐらいイチャついても、周りにバレなさそうでした。

結局足を押し返しました。

しかしまた足をこちらの方に持ってきて、今度は「靴下を脱がして服の中に俺の足をいれなさい」と言われました。

言われた通りにすると、足でおっぱいをぐにゅぐにゅ踏まれました。

普通に向かい合って座ってコーヒーを飲んでいるように見せかけて、服の中ではおっぱいを足蹴にされているんです。

最初はどちらも冗談交じりだったのですが、私の方がだんだん変な気持ちになってきてしまいました。

「ブラの紐下げてくれたら乳首いじりやすいんだけどな~」

とご主人様に言われたので、それに従ってブラの紐をずらしました。

すると乳首を足でいじられます。

私も前かがみになって快感に耐えますが、強く刺激されると、声が出たり体が反応してしまいます。

カフェでこんな屈辱的なことをされているというシチュエーションで、普通より興奮してしまいます。

外からみたらわからない、秘密の主従関係みたいなイメージです。

そしたらご主人様も楽しくなってきたのか、「にゃんこを痛めつけたくてたまらない」と言っていました…

お買い物

私の仕事が終わったら解散予定でしたが、お互いに帰りたくなくなってしまいました。

なので、とりあえず近くのスーパーでもう一度合流します(笑)

スーパーには、実はエログッズやSMグッズになりえるものがたくさん売っていて、歩き回りながら色々な妄想をさせられてしまいます..

Vol.に続く

タイトルとURLをコピーしました