【第13回調教記録】Vol.1 ホテルに入った瞬間、強制飲尿

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

久しぶりに、私がご主人様の住んでいるところへ行きました。

ランチは、おすすめのカレー屋さんに連れて行っていただきました。

高いお店と言うわけではないのですが、他では食べられない癖のある味で、とっても気に入ってしまいました(笑)

電車移動より、ご主人様運転のドライブは楽しいです。

入るなり…

ホテルに入るなり、ちょっと強引に上半身だけ服を脱がされて、お風呂場に連れていかれます。

風呂場の床に座らされ、飲尿させられるのです。

服を少し着させられたままなのは、一滴もこぼすなということです。

ご主人様も服を着たままなのでびっくりです。

仕方なくオチンポ様を口に含み、おしっこを受け止めます。

おしっこは本当に飲みにくい風味ですし、尿が出る速さに比べて自分の飲む速さが追いつかなく、飲みきるなんてほとんど不可能です。

最初は、私が飲める速度でゆっくりおしっこを出してくれます。

3口ぐらいは必死ですべて飲み込みました。

しかしだんだん飲み込むのが辛くなってきて、それを見かねたご主人様が、私のスカートを脱がせてくれました。

その後はすぐに尿で口をパンパンにされ、飲み込むのが厳しくなり、ついにむせてしまいます。

それでも止めてくれませんでした。

尿での苦しい水責めです。

口から尿を溢れ出させて体中おしっこまみれになって絶望していました。

すると容赦なく顔面にまでいっぱいかけられます。

でも、尿を全て飲むことができない私は、全身おしっこまみれになることを受け入れるしかありません…

尿を出し切ると、風呂場の床に倒れこんでしまった私に暖かいシャワーを掛けてくださいました。

そして、自分の服も少し尿で濡れてしまっているにもかかわらず、タオルで抱きしめてくれました。

奴隷の挨拶

いつものように正座させられ…

Vol.2に続きます。

タイトルとURLをコピーしました