【第13回調教記録】Vol.11 辛い縛りの姿勢のまま犯される

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

あぐらで身動きできない姿勢に縛られていると、突然バイブを突っ込まれてしまいます。

それを縄で固定されます。

フワフワした幸せな気持ちから一転、強烈な快楽と恥ずかしさに体が火照ります。

快楽を感じること以外のすべての機能を奪われた哀れな自分にさらに興奮してしまいます。

しばらく放置されたあと、突然体をひっくり返されます。

手も足も固定されたままバックの姿勢(肩と両ひざだけベッドについている状態)辛くて恥ずかしい姿勢です。

バイブを抜かれ、そのままオチンポ様をぶち込まれます。

体を固定されたまま誰かのおもちゃになるなんて、、、

こんなひどすぎる人権無視の扱いが大好きです。

その姿勢のままオチンポ様を抜かれ、今度は指を突っ込まれて、簡単に潮吹きまでさせられます。

指を抜かれると、動けない足にぽたぽたと潮が落ちてきて、惨めです。

  

くたばっている暇も夜ご飯食べる暇もなく解散です。

新幹線の駅まで送ってくれると、解散です。月2回ぐらいあっているのに、毎回ホームまで見送りしてくれます(笑)

タイトルとURLをコピーしました