【第13回調教記録】Vol.5 非情すぎる長鞭責め【SM体験談】

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

長鞭

バラ鞭を置いて、手にしたのは長鞭でした。

バラ鞭の後に長鞭が出てくるのはいつものことですけど、さっき痛いの嫌がったばかりなのにどうして?

後から聞きましたが、私がノリノリで嫌いやっていっているか、気分じゃなくていやって言っているか、ご主人様には判断つかないそうです。

声の高さや表情で簡単にわかりそうな感じしますけど、、、ちゃんと言語で識別しないとダメみたいですね。

でもそれが終わったら、きっと縄で遊んでくれるだろうと思って、終わるのを待つことにしました。

叩かれる度にテンション下がり続けながら、早く終わってほしいのでもう嫌だと何回も伝えました。

口枷にされた布を外したり、口に入れられたものを吐き捨てたり、言葉以外でも伝えました。

それでも責めは続きました。

ひときわ強く叩かれた時に、大きく暴れてカメラのコードを蹴ってしまい、三脚ごとカメラを倒してしまいました。

慌てて拾うご主人様。そして急いでカメラの位置を直して固定しなおしました。

すごく暴れまわったので、それきっかけで抱きしめに来てくれることを期待しましたが、どうしてもカメラに収めることが大事みたいです。

「ごめんなさい、カメラ大丈夫でしたか?」って聞いたら「大丈夫。ピントが合わないけど」だそうです。

思わず直しかけのカメラに視線をやって「嫌です」って言ってしまいました。

「撮られるの嫌だったのか」

また慌てて録画をやめているところ、私が嫌がっているの察してたんでしょ?

確かに撮られることはいつもよく思ってはいませんが、今はそういう事を嫌がっているわけではないんですよね…

ご主人様がカメラをしまっている間、もう縄責めしてほしい気持ちすらなくなっていました。

なんでこの人のためにわざわざ来たんだろう、歯医者に行けばよかったって本気で考えていました。

昼はおいしいカレー食べれたからいいけど、そろそろ帰りたいな。

楽しくないし、どうして言葉も伝わらない人とホテルいるんだろう、、、

縄をほどかれる気配もなく、またご主人様がこちらに近づいてきました。

  

Vol.6に続きます。

タイトルとURLをコピーしました