【第13回調教記録】Vol.6 気乗りしない日の結末と深愛

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

最後の一発を受けた瞬間、私は「こんなの無理!もう帰らせて」

こういう事を絶叫しました。

そしたらご主人様は鞭をやめ、縄をほどいてくれました。

そのままほどき終わるまでお互いほぼ無言でした。

私は必死に冷静になるように頑張り、全部ほどけたところでご主人様が優しく話しかけてきました。

嫌だったら先に言わないとわからないという事。

いじめられたくなったり、してほしくなかったり、かなり波があって普通だという事を教えてくれました。

「セックスだって、したい日したくない日あるでしょ?今日は痛いの嫌な気分だって言っていいんだよ。」

私もひどいこと言ったことや、勝手な想像していたことが恥ずかしく、申し訳なくなってきました。

自分があまりにもわがままだったことを痛感しました。

そして、「帰りたい」とまで叫んだ事を忘れるほど、もう一度虐められたくてたまらなくなるのでした。

ご主人様に抱きついて、大好きな事を再確認できました。

Vol.7に続きます。

タイトルとURLをコピーしました