【第14回調教記録】Vol.4 屋外、自ら望んだ乳首縛り固定

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

乳首固定

首輪のリードをひかれ、外にあるお風呂に連れていかれます。

そのホテルの露天風呂には、しっかりした梁があって、吊れる場所です。

寒い空の下、裸で立たされ、リードを固定されて逃げられなくされます。

さすがに10月に裸は寒いので、ご主人様が自らのシャツを羽織らせてくれました。

部屋から糸を取ってきました。

まず、右のの乳首を縛り、糸を上のはりにかけて引っ張ります。

縛られた乳首は、つま先立ちになるぐらい上に引き上げられ、梁に固定されます。

左乳首も同様に縛られて、更に厳しく引き上げられます。

これでつま先立ちのまま、両乳首を固定されてしまいました。

手足はすべて自由なのに、もちろん動けませんし、かかとを下すことさえできません。

やさしさのシャツもはぎ取られてしまい、かなり恥ずかしい姿で吹きさらし放置されます。

つま先だけでは不安定で、でも動くたびに乳首が引っ張られて痛みます。

しかし、痛みや足の疲れ以上に、乳首で外に固定されるなんて恥ずかしくてたまりません。

太ももに愛液が垂れていることを指摘され、自分の手で確かめさせられます。

水責め

やっと乳首の糸を外されて、つま先立ちから解放されます。

すると、傍にあるお風呂に突き落とされて…

Vol.5に続きます。

タイトルとURLをコピーしました