【第15回調教記録】Vol.10 最大級の屈辱。便器に頭を突っ込まれて…

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

髪の毛を引っ張られ、トイレに引きずり込まれます。

ご主人様は私をトイレの前に正座させ、便座を上げました。

「舐めろ」

ドキッとしました。

何度も妄想していたシチュエーションですが、いざ便器を前にすると、簡単には舐められません。

トイレの底にたまっている水を近くで見ると、吐き気すらします。

ためらっていると、「ほら舐めろ」とご主人様に頭を中に突っ込まれました。

強い力い抵抗できず、受け入れがたい命令にやっと心を殺して従おうと思いました。

舐めるというより、唇や舌を便器につけてみました。

その時感じた無機質な味と冷たさは今でも思い出せます。

それと同時に、私は人間とは違う立場だと自覚させられました。

今度はもっと奥まで頭を突っ込まれて、おでこが少し水について寒気がします。

そのまま水を流されて、勢いで顔の上半分トイレの水で濡れます。

やっと顔を上げさせてもらえた時、髪の毛から顔全体にに冷たい水が滴ってきたのを覚えています。

今度は湯舟が溜まったころのお風呂に連れていかれます。

Vol.11に続きます。

タイトルとURLをコピーしました