【第15回調教記録】Vol.3長く吊り責めをするという約束

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

そして両足も縄で持ち上げられます。

胸に体重がかかり、呼吸がかなり浅くしかできなくなります。

めちゃくちゃ辛いです。

少しでも負担を減らそうと、本気で腹筋に力をいれてしまいます。

肺が痛いと言うと、ウエストにも縄を追加してくれました。

まだまだ辛いですが、だいぶマシになり、長い時間耐えられそうな気がしました。

呼吸が浅いからか、ぼーっとしてしまいます。

ぐるぐる回されると、動けなくてなにも逆らえないことがよくわかります。

一方的に、オチンポ様を口に入れられます。

吊られてフェラチオって、うまく体の位置を調節できなくて難しいですね。

今度はもっと無理やりされてみたいです。

バイブを入れられますが、すぐにスルって落ちてしまいます。

「ガバマン」と叱られます。

辛い吊りプラス、ひどい言葉責めでキュンキュンしてしまいます。

「ごめんなさい」と口にすることで、吊りのつらさが正当化?されて気持ちよさに変わっていきます。

 

やっとおろされ、開放されました。

しびれた腕に感覚が戻ってくると、ひどいことされていたんだなと実感し、すごくうれしくなります!

腕をさすって優しくしてもらい、大満足です。

Vol.4に続きます。

タイトルとURLをコピーしました