【第15回調教記録】Vol.7 シャークピンチで自分の乳首をいじめる

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

シャーククリップを手渡され、なんと自分でつけろと命令されました。

いつも「痛すぎてご主人様につけられないと耐えられない」と言ってたんですけど…

思わず「それは無理です!」と言ってしまいましたが、ひどい命令であるほど受け入れたいと思いなおしました。

「興奮しますか?」と聞くと、ニコニコで「もちろんだよ」と言われたので、覚悟が決まりました。

クリップを開き、自分の乳首に近づけます。

怖くて心臓がドキドキなり手も震えますが、「ご主人様の命令なら、自分で自分を激痛にさらせる」と言い聞かせて付けました。

余りにも痛く、わめきますが、でもちゃんと付けた証拠に手を放してみせました。

そして命令されるままに引っ張ります。

ご主人様の笑顔を見ていないと気が狂いそうですが、ひっぱり、ねじりあげ、、

やっと、なんとか許していただけました。

跡から考えたら、自分で自分をあんなにひどくいじめられるなんて信じられないです。

それだけ、受け入れられた誇りと満足感は、計り知れないほどでした!

次はご奉仕の時間です。

  

Vol.に続きます。

タイトルとURLをコピーしました