【第15回調教記録】Vol.8 後ろ手拘束のままフェラ奉仕

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

ご主人様

<<SM体験記録を閲覧していただいたあなたへ!>>
にゃんこが大好きなご主人様にいじめられる喜びを感じられるのは、性癖が一致する最高のパートナーを見つけられたからです。
ご主人様と出会った経緯→【第0回調教記録】ハッピーメールで知り合ってから初めてお会いするまで
ご主人様と出会ったサイト→https://happymail.com

●性癖がぴったり一致する恋人やセフレとHの喜びを分かち合いたいあなた
●にゃんこやご主人様みたいにハードSMのパートナーを見つけて最高級の幸せを感じたいあなた
条件に少しでも当てはまったあなたは絶対に登録すべきです!
にゃんこおすすめの出会い系サイト比較→【出会い系】絶対出会えるオススメサイト大手4社比較 | えろえむちゃんねる (eroemuchan.com)

縄で後ろ手拘束されます。

ご主人様はソファーに腰かけ、自分は足元に正座します。

手の自由がない状態での王様フェラです。

舐めながら自分の体重を手で支えられないので、頭が重くて自然にご主人様の方へ近づいていきます。

すると、「四つん這いになりまさい」と命令されました。

重心が後ろになり、頭を頭で支えるしかなくなり、喉奥にオチンポ様が突き刺さったまま動けなくなりました。

ご主人様に頭をあげてもらわないと、ずっと苦しいままなのです。

自分で動けないおもちゃの様な気分で、最高に幸せです。

頭を勝手に動かされると、苦しさでどんどん辛くなります。

呼吸すら自分のペースでできません。

最後にぐっと奥まで入れられ、そのまま拘束を解いてくださいました。

縄をほどかれたら、さらに深くて激しいフェラを求められます。

Vol.9に続きます。

タイトルとURLをコピーしました